髪の毛は肌の角質層という部分が変異しできたもので、たんぱく質と20種類程度のアミノ酸によって構成されています。肌細胞は生きているため、ダメージを受けても修復が可能ですが、毛髪は生きている細胞ではないため、ダメージを受けた場合、修復できないという点が困りのものなのです。

食材発毛は頭皮に埋もれていて普段私たちが目にする事ができない部分から誕生します。毛根という部分には毛球という部分がり、この部分で毛母細胞が分裂しやがて成長していくと毛髪となります。毛母細胞には常に必要な栄養が届くようになっていて、その栄養を受けて成長していきます。成長するとやがて私たちが目にする部分、毛幹と呼ばれる地肌から見える部分に到達し、私たちは髪の毛として認識するのです。

毛細血管から栄養素が毛根に吸収されることで、毛母細胞は分裂を繰り返し髪の毛が成長していきます。血液の流れが悪かったり、血液の質が悪いと髪の毛の成長に必要な栄養素や水分が届きにくくなり、髪の毛の成長が進まなくなります。また、ホルモンバランスなどの影響も受け、発毛がうまくいかなくなることもあります。こうした発毛の仕組みを知ると、普段何気なく摂取している食べ物から得られる栄養素がいかに大切か、という事がわかります。続いては、発毛の周期について説明します。

Pocket